乾燥じわ

乾燥からくる乾燥じわ

kansou

角質の潤いを保つ天然保湿成分は、20歳をピークに減少していきます。

肌は乾燥していると、角質層の表面が乾いてそこに隙間が出来るため、そこから表皮の水分が蒸発し、表面がカサカサとしてきます。表皮は水分を失うと、薄く、固くなっていき、これが最初のちりめんじわとなり、どんどん増えていきます。最初は小さく、気にもなりませんが、それぞれの小さいしわが結びついて、大きなしわになってしまいます。
しかし、紫外線で出来る真皮のしわと違い、乾燥で出来るしわは、きちんと乾燥対策を取ってあげれば修復することは十分可能です。

 

乾燥シミの対策
やはり、乾燥しないように保湿することが、何より大切です。
冬はもちろん、初春や秋も空気が乾燥してきます。季節に合わせて化粧品を保湿成分の高いものに切り替えていきましょう。
また、室内でもエアコンをかける時は、湿度を快適に保てるように、加湿器をつけたり、就寝時などは濡れた洗濯物などを干しておくのも、乾燥対策には有効です。
外出時等は、携帯用のフェイスミストや、保湿力の高いスプレー式の化粧水を持ち歩いておくのも有効です。気になった時にシュッとひと吹きで簡単に乾燥対策が出来ます。
このフェイスミストなどは、粒子が大きいと化粧崩れを起こしてしまうので、なるべく粒子の細かいものをえらぶようにしましょう。

特に乾燥が酷いと感じる時は・・・
一般に乾燥にはセラミドやヒアルロン酸を多く含むものを化粧品として選んだほうが良いのですが、それでも乾燥が気になる時は、十分水分を補った後、オリーブオイルやスクワランが配合されてるクリームで水分が逃げないようにシッカリとお肌に蓋をしましょう。
また、クレンジングもお風呂やスチーマーなどでしっかり毛穴を開いて、マッサージしながらクレンジングすると血行がよくなるので、肌の細胞自体が元気になるので化粧水や美容液の浸透性もグッと上がります。

乾燥じわ関連ページ

紫外線じわ
そもそも、シワってどうしてできるの?? 理由を知ることが、きちんとした対策の第1歩です。